ドーパミンという魔法の薬!?

メンタル

今日はモチベーションを高めていく
秘訣として、神経伝達物質のひとつ
であるドーパミンについて解説を致します。

 

 

さらに、ドーパミンの分泌をうまく活用
して高いモチベーションを維持したまま
目標へと向かっていけるようになる方法。
具体的な、7ステップをご紹介していきます。

脳に詳しくなれば、ある意味自己コントロール
が容易にできるようになります。

やる気や集中力、学習力、記憶力、
想像力、作業効率
このような人間の能力はそれぞれ脳の
機能が大きく関係しています。

そのため脳のどの部分が、それらの
能力にどのように関与しているのか?

そして、それぞれを高めるには何を
したらいいのか?
という知識があると、自分のことを
思い通りにコントロールすることが
できるようになります。

モチベーションや集中力、そして
働き方という面については主に次の
7つの神経伝達物質が大きく関係
しています。

・幸福や快感を司るドーパミン、
・恐怖や不安による集中力を司る
 ノルアドレナリン
・興奮や怒りを司るアドレナリン
・落ち着きが平常心を司るセロトニン
・眠気を司るメラトニン
・ひらめきを司るアセチルコリン
・多幸感恍惚感を司るエンドルフィン

これら7つの神経伝達物質の中でも
特に人間のモチベーション(ヤル気)
と関連しているドーパミンについて
解説をしていきます。

高いモチベーションを維持するためには、
ドーパミンと上手に付き合うと人は、
ドーパミンが分泌された時に幸せを
感じます。

言い換えるなら、幸せになる方法は、
ドーパミンを分泌することと言い換えて
もあながち間違いではありません。

どんな時にドーパミンが分泌されるのか?
というと、端的に言うと快感を感じる
ようなとき人は、ドーパミンが分泌
されています。

そしてこの快感と行動が結びつきが
更なる快感を得ようと、次の行動の
モチベーションが高まるという循環の
仕組みをドーパミンの強化学習と言います。

そのため、自分のモチベーションを高く
維持し続けるためにも、このドーパミンの
強化学習の仕組みを理解し取り入れると
良いのです。

実際にモチベーションを高めるという
観点から見たとき、ドーパミンは例えば、
次のような時に分泌されます。

目標や計画を立てて、
・ワクワクしている時、
・目標に続く計画に取り組む中でワクワク
している時。
・目標が実現されて達成感を感じている時
そのためこれらのタイミングをうまく
普段の行動の中に取り入れることで、
ドーパミンを長期的に分泌し続け、
モチベーションを維持することが可能
になります。

モチベーションを維持し続けるための
7ステップ仕事術。
ドーパミンを分泌させ続け、
高いモチベーションを維持する
ためには、
・目標設定ドーパミン分泌
・モチベーション up 達成ドーパミン分泌
・モチベーションアップ目標設定という
ドーパミン分泌のサイクルを回転し
続けられることが肝心です。

それでは次にこのサイクルを効果的に
回し続ける、
7つのステップをご紹介していきます。

ステップ 1
明確な目標を設定する。
人間は目標を設定する時点でも、
ドーパミンを分泌します。
難しいけれども頑張ればクリア可能と
いう程よい難易度の目標を数週間から
数ヶ月程度の短めの期間で設定します。

ステップ 2
目標を達成した自分をイメージする。
人間は欲しいものを手に入れた時の事を
想像するだけでドーパミンが分泌し
行動意欲が湧いてきます。

目標を達成した時の自分の姿を
リアルにワクワクドキドキするくらいに強く
具体的にイメージすることでドーパミンが
たくさん分泌されるのです。

ステップ 3
目標を繰り返し確認する。
ドーパミンは一度出始めたらずっと
出続けるということはなく、時間が経つに
つれて薄まっていってしまいます。

そのためステップ1、ステップ2、でやった
ことを繰り返し確認して、ドーパミンが
切れないようにします。

具体的には、
・目に見える場所に、
・目標のことを書いておいたり、
・目標を達成した時のことをイメージ
 できるような写真や物を飾っておくと
 良いでしょう。

ステップ4
楽しみながら実行する。
人間は楽しみながら行うことで、
ドーパミンが分泌されます。
日常に刺激を受けると、さらにそれを
求めようとするので、楽しみながら
することに越したことはありません。

もし途中で辛さを感じたら、見方を
変えることで。辛さを楽しさに置き換える
リフレーミングという方法を取り
入れると良いでしょう。

ステップ5
目標を達成したら、自分にご褒美を与える。
ドーパミンの強化学習のサイクルでは、
達成に対して明確な報酬を与えることで
行動と報酬が結びつき、また行動を
したいと思わせることができるように
なります。

そのため設定した目標を達成することに、
自分にご褒美を与え、自分の行動と報酬
とが結びついていることを学習させま
しょう。

ステップ 6
新しい目標を設定する。
人間は今の自分に満足してしまうと
ドーパミンがそれ以上出なくなってしまいます。
目標を達成したらすぐに、また新しい目標を
設定するのがドーパミンの強化学習の
サイクルを回し続ける秘訣です。

ステップ 7
以上のプロセスを繰り返す。
そしてこれまでのステップ1から、ステップ6
までのプロセスを繰り返しましょう。

こうすることで目標を設定ドーパミン
・分泌モチベーション up
・達成ドーパミン、
・分泌モチベーションアップ
目標設定のサイクルを回し続けることができ、
最終的な大きな目標に至るまでずっと
高いモチベーションを維持し続けることが
できるのです。

ドーパミンが分泌されているとき人は、
心地よいと感じます。

そして、その心地よさをまた体験するために
高いモチベーションが湧いてきます。

そのため仕事であったり、勉強であったり
高いモチベーションを維持し続けたい時には、
ドーパミンの分泌と上手く付き合うことで
やる気を維持したまま、高い行動力を発揮
できます。

7つのステップを取り入れてみることを
心がけてみましょう。

ステップ1
明確な目標を設定する

ステップに
目標を達成した自分をイメージする

ステップ3
目標を繰り返し確認する

ステップ4
楽しみながら実行する

ステップ5
目標を達成したら自分にご褒美を与える

ステップ6
新しい目標を設定する

ステップ7
以上のプロセスを繰り返す。

このステップをしっかりと踏むことで
目標を設定ドーパミン分泌、
・モチベーション up
・達成ドーパミン分泌、
・モチベーションアップ目標設定という
サイクルをうまく回し高いモチベーションを
維持し続けることができるようになります。

生活のご参考にお役立てください。

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました