【ペット】愛すべき犬猫と生活の注意点と、病気サインを見逃さずにしましょう。

社会

飼い主の皆さんへ


ペットと共に生活する人は、寿命が伸びると言われるのを聞いたことがあるかもしれません。実際これは本当のことです。犬を飼っている人の心臓発作のリスクは3%も減るのです。

[ad]

あまり多くない数字に見えるかもしれませんが、アメリカ合衆国では毎年3万の人がペットのいることによって命を救われていると言われます。ペットたちは、私たちにたくさんのことをしてくれます。でも、彼らの健康も同時に気遣ってあげたいというもの。彼らは体の痛みを口に出して教えてはくれません。ですから、適切な治療をすぐに施してあげるためにも、小さな兆候には、すぐにも気づいてあげたいものです。

[ad]

犬や猫は、ケンネルコフという

病気に苦しむことがあります。この病気は、特別な治療は特に必要ではなく、2週間もすればすぐに症状は消えてしまいます。この病気は伝染しやすいという特徴を持っています。2,3匹のペットを飼っているという人は、この病気になっている子を他の子達から、隔離した方がいいかもしれません。この病気は特に、子犬、子猫、ボクサーやブルドッグ、パグ、ペキニーズペルシャ猫、スコティッシュフォールドブリティッシュショートヘアといった肌の短い品種にとっては、より深刻な症状となる場合があります。これは、彼らの顔の構造が呼吸困難を引き起こしやすいためです。

[ad]

また小型の犬や猫は、たまに咳のような声をあげることがあります。これは、逆くしゃみと呼ばれるもので喉に不快感があることを示します。これも同じく自然に治るものですが、敵や逆くしゃみが、2週間以上もしつこく続くという場合には、心臓や肺の病気、フィラリア気管支炎肺炎、気管支炎が疑われます。犬や猫は時折嘔吐します。病気でない時も、夜中の2時になると必ず吐いちゃうんですよね。

[ad]

多く食べ過ぎたり、早く食べ過ぎたり、良くないものを食べたり、食べてすぐ走ったり、遊んだりしてしまったりなど、些細なきっかけはいろいろあります。でも嘔吐は、同時に胃腸炎や膵炎、腎臓病寄生虫のサインでもあります。猫に多いのが、特に毛がふわふわしている品種は、毛玉を吐くことがあります。でも1月に1回以上、毛玉を吐くという場合には、獣医さんに連れて行ってあげて下さい。犬が草を食べ過ぎたり、ゴミを食べてしまった場合に吐く場合があります。日に数回にわたって、嘔吐をしている場合には、獣医さんに連れて行ってあげてください。

[ad]

よくある嘔吐

また吐瀉物に血が混じっているのも危険サインです。尖ったものを飲み込んで、胃が傷つけられている証拠かもしれません。ただ食べ過ぎという場合もある一方で消化不良や腹膜炎ホルモンバランスの乱れ、内出血の可能性もまた疑われます。そのまま放置していると、場合によっては胸を圧迫し呼吸困難を引き起こし命に関わることがあります。犬のお腹が腫れている場合、危険な症状である可能性があります。そのまま放置してしまうと数時間で死に至るため、この病気は最大の緊急事態と呼ばれています。

[ad]

これは食べ物や、異物によってキズつけられた器官によって、血流が止まり悲劇的な結果をもたらすというものです。また、くしゃみやゲップといった症状も食事を食べて、すぐ空気を吸い込んだり運動をしすぎたりということで引き起こされます。特に犬が次の項目に当てはまる場合は、より注意してあげるようにしてください。

[ad]

セントバーナード、ワイマラナーグレートデンのように胸が呼吸器の高い位置にあるとか、早食いの犬や老犬であると、このリスクが高く、さらに最も高いとされるのは7歳から12歳の犬の場合、無気力だったり、普段元気なベッドが、突然遊びたがらなかったり、一日中寝てばかりいるという場合は、より大きな問題の初期サインかもしれません。犬や猫の強弱や、無気力や感染症や糖尿病、低血糖、貧血といった深刻な病気に伴って現れす。常にそわそわしている。そわそわすること自体は悪いサインではありませんが、体調が悪いことをペットで訴えている。犬や猫が理由もなく神経質になったり、怖がったり、早歩きをしたり、震えたり苦しそうに泣いたりする場合、狂犬病クッシング症候群、心疾患のおそれがあります。

[ad]

当然ですが、人用のお菓子は危険

また犬や猫に決してあげてはならない、チョコレートを食べたりした場合でもこのような症状が発生する場合があります。チョコレートはペットにとってテオブロミン中毒を引き起こすのです。もし食べてしまった疑いがある場合には、すぐに獣医さんに連れて行ってあげましょう。体重の減少は、ペットがきちんと食事をしているのであれば体重が少し減ることは問題ではありません。でも、犬や猫が体重の10%を失っている場合深刻な状態である恐れがあります。

[ad]

例えば、代謝障害、腎臓や肝臓の病気、神経筋疾患、そして癌など多くの人は、犬や猫が年をとると自然に痩せるものだと考えるようです。専門家に言わせれば、これは間違いで動物が年をとるとより、多くの病気にさらされることになるため、それが体重減少の原因になるのです。高齢は病気ではないため、体重減少の原因とはなり得ません。

[ad]

家の犬や猫が歳をとっていたとしても体重が減少したら、獣医さんに連れて行ってあげるようにしてください。
病気の可能性が高いです。体を過剰に舐めるペットが体を過剰に舐めるようになるという形で消失する病気も存在します。猫や犬が体の同じところを、過剰に舐め続ける理由として最も一般的なものは、アレルギーといったもの、胃腸に事情を抱えている場合、変なところをよく舐めるようになります。

[ad]

よく舐める仕草は要注意

この舐める行為は、退屈や不安、緊張といった精神的なものが原因になります。内外の猫は、外の猫に比べて楽しみやアクティビティに触れる機会が少ないため、このような状態に陥りやすいと言われています。また猫は、環境の変化によって、ストレスを感じやすく、新しい赤ちゃんが生まれたり、新しい仲間が家族に加わると言ったことも不安材料になる場合があります。おしっこの回数の変化。いつもより、おしっこの回数が多いと感じる場合は、糖尿病が疑われます。そのようなケースでは、ベッドは常に喉の渇きを感じます。そうでない場合でも、おしっこあまりにも多くする場合は、腎臓、肝臓または副腎の疾患が疑われます。

[ad]

家で飼っているペットがあまりにも多くの粗相をしてしまったり、夜中に犬がおしっこをするための散歩に連れて行って欲しいとねだったりして、いないかよく注意して見てあげてください。同時に猫や犬のおしっこが少なすぎるという場合も問題です。尿結石が尿道炎で苦しんでいるかもしれません。これらの病気は激痛を伴い命に関わる場合もあります。

[ad]

わずかなサインも見逃さない

言葉を発しない、意志を示さず、ひとり苦しんでいるペットは、まず自分でなんとかしようとします。あまりにもつらい時、いつもより寄り添ってきたり、疾患部位を強調したりします。いつもと違うな?ペットのわずかなサインを見逃さず、異変に気付いてあげるのは、飼い主だけです。ですから、わが子のように大切に臨終を迎え日まで、大切にしましょう。大切な命の尊厳を守ることにより、それが自分に返ります。犬猫はいわゆる社会動物ですから、小さな子供は、動物を通じて、喜怒哀楽を学びます。そして人間性の幅を広げます。これがいずれ、成長期になるとほかの子より社会性の面で、成熟していることに気がつきます。命を大切に、そして一緒の時間を楽しみましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました