【アイディア】ひらめきで企業しよう!!億り人の道 2

社会

何気ない日常から、アイデア発見するという例はたくさんあります。例えば、ピザで有名なピザーラの創業者は、自宅で映画 ET を見ていた時に、映画の中で楽しそうに宅配ピザを食べている様子を見て思いついたそうです。つまりアイディアは何気ない風景の中に潜んでいて全ての人が色々な形で目にしているはず。ただそのアイディアの際に気づけるか?どうか?はその人次第ということです。見逃さないように過ごしていきたいですね。

次に試すことに失敗はないについて先ほど目の前に、色々なアイディアの現象が通り過ぎても、それらを見過ごしてしまう、人が大半だという話をしました。その根底には、どうせこのエリアはまちがっている。どうせ試しても失敗する。というネガティブな姿勢があります。

そんな声が頭の中でモヤモヤして、結局なかったことになる、という人も多そうです。多くの人の失敗に対する認識が間違っていると言います。上手くいくアイディアにたどり着くためには、興味を投げ続ける必要があります。1度や2度試して、うまくいかなくて、辞めてしまうのではなく継続的に試し続けることで軌道修正しながら、上手く行ったり、想定外のいいアイディアに繋がっていくものだといいます。

コカコーラも、数十種類の治療薬を開発するという、想像があったからこそスタートした。オフィスで必需品のポストイットも強力な接着剤を開発していく中での失敗作から生まれたものです。ピザーラの事例も実は創業者は、ラーメン屋、レンタルビデオ店、旅行代理店など様々な事業に挑戦し、11番目のピザ事業で成功を収めました。

掃除機で有名なダイソンの創業者も 5年かけて5127台もの試作品を経て完成形にたどり着きました。そして、こうしたうまくいくかも分からない。アイデアを行動に移す上で大事なことは、まず遊び感覚で行ってみることその上で成り行きを見守るという姿勢だと言います。

残念ながら、多くのアイディアはそのままでは計画通り目標どおりに進まないもの。まずは、気軽に色々と試してみて次の方向性を模索していく。というスタンスでしか、成功に繋がるアイディアにはたどり着けないというのです。こうした話で有名なのはエジソンの言葉です。

ある友人から、「1万回失敗しているのにまだ続けるのか?」と言われ、「私は失敗したのではない、うまくいかない方法を1万通り発見しただけだ」と切り返したという話。事前には、何がうまくいくか?など誰にも分からないので、どうせうまくいかないからやらないではなく、とりあえずダメ元でやってみるという考え方や姿勢がとても重要だということです。

仕事は楽しいか?本当にアイディアを生み出す考え方。というテーマで、サインを見逃さないロスを恐れず、失敗をおそれるな。というメッセージをお伝えしました。ダイソンの創業者や、エジソンのように試行錯誤し何年も続けることは簡単ではありません。アイデアを見過ごさないようにしよう。もっと遊び心を持って、試行錯誤をしてみよう。と前向きな気持ちになります。自分の発想力を、もっと高めたいと思っている方はぜひ一度読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました