【西洋占星術】みんな大好きwwwトランプ大統領のホロスコープ

占い

混迷を続けるアメリカ大統領選挙ですが、ここでトランプ氏のホロスコプを見ていこうと思います。注目すべきは、月ですが、5室のいて座のあります。天王星とオポジションで冥王星のトライン、海王星のセクスタイルとあります。

ここで注目すべきは、天王星のコンジャクションですが、これがトランプ氏の性格を表していると言っても過言ではありません。よく彼は過激な失言と言われ非難されますが、気分屋だからです。パッと思いついたことを言ったり、行動してしまうのです。これはよくも悪くも彼の性格の特徴と言えます。親友の安倍首相のようにうまく立ち回れないのです。それが顔に現れてしまうのです。

ある意味単純明快な愛すべき人物と言えます。これはネガティブになりがちですが、しかし木星と言う幸運星(ラッキー)が支えています。そしてトランプ氏の輝ける人生を象徴しているのが、木星とのトラインでしょう。太陽とアンギュラー4室の木星がアスペクトを形成していると、それだけで人生が100%決まります。木星と太陽がグットアスペクトだと、必ず成功します。月と木星もそうです。そうならない人は、自らチャンスを捨てている。もしくは、真逆のことをやっている。そう判断します。

太陽は自己ですが、太陽にアスペクトを形成するベネフィット(吉星)、マレフィット(凶星)によって全体のパーソナル(性格)がまったく変わってしまいます。トランプ氏は成功者にふさわしいホロスコープです。そしてアセンダントのかに座ですが、慈悲深い、信仰心の篤い人です。土星と金星がコンジャクションにあるので、伝統、信仰に篤く、父親の影響が強い。それがアセンダントの土星が象徴しています。トランプ氏は一見チャライように見えますが、実は敬虔なクリスチャンです。(キリスト教プロテスタントのカルヴァン派)

トランプ自身は、それほど強い人物ではないのです。本来であればビジネスで成功し、あまり表に出たくないというのがトランプ氏の個性です。しかし、それを邪魔しているのが、天王星のコンジャクションと火星のアスペクトです。これらのマレフィック星は、落ち着きがない。常に新たな事をしたい。常に改革したい。彼は休みを欲しても彼は休むことができない。

それもトランプ氏の性格です。ある意味性格は破城しているところもありますが、家庭環境がしっかりトランプ氏を支えています。モデルのようなメラニア婦人はトランプ氏とは性格が真逆です。トランプ氏を支えているのは、婦人であり家庭でしょう。それによりトランプ氏は大統領として仕事をやっていけるのです。今回はトランプ氏の出生ホロスコープでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました