【睡眠】寝る子は育つ!?ねむりで精神とからだの健康を保つ方法

健康

今回は睡眠をテーマにお送りします。睡眠は人生の1/3を費やす大切な時間その日の気分や将来の健康仕事のパフォーマンスにも関わる重要なテーマです。最近寝起きがスッキリしない日中うとうとと眠くなってしまうという方は質の良い睡眠が取れていないかもしれません。今回はアメリカニューヨーク大学の研究などに基づく質の良い睡眠をとるためにすべきこと控えるべきことの6つを御紹介します。良い睡眠習慣を身につけるための参考にしてみてください。

[ad]

1 私は睡眠時間が15時間でも平気と
2 ショートスリーパーだからあまり
3 寝ないでも大丈夫。
4 週末に寝だめすれば問題ない

実際の5時間未満の睡眠量でも足りるような、ショートスリーパータイプの人は極めて稀だそうです。ふだん毎日5、6時間の睡眠時間で過ごしているほとんどの人は慢性的な睡眠不足状態だと言えます。特に昼間に眠気を感じる人は睡眠不足の可能性が高いです。

[ad]

そして多くの研究によれば、いつも睡眠が5時間以下だと健康悪化のリスクが、とても大きくなることが分かっています。健康への悪影響としては、心臓発作などの心臓血管の病気や、脳卒中寿命が短くなることなどがあります。病気のリスクを抑えに、仕事のパフォーマンスを高めるためにもしっかり、8時間の睡眠をとることが推奨されています。

[ad]

世界的に見ても日本は睡眠時間が少ない国です。忙しい毎日で睡眠時間を削って、頑張っている人も多いと思いますが、他に削れる時間がないかを模索しながら出来る限り睡眠時間を確保していくことが大事といえそうです。あまりよくない習慣。寝る前のテレビやスマホを控えるベッドに入ってから、寝る前のリラックスする時間としてプレミアスマホ画面を見て過ごすという方も多いのではないでしょうか?

[ad]

研究によれば、こうしたスマホなどの画面は、青色光線を発するため体内で睡眠ホルモンであるメラトニンが生じるのを遅らせる恐れがあるといいます。なので、寝る前のリラックスタイムには、雑誌や漫画を読んだ方が睡眠にとっては良さそうです。また見る内容も睡眠に影響します。悪いニュースや過激な動画などストレスを、引き起こすようなコンテンツを見ることは、当然睡眠の質を下げるため寝る前は避けましょう。

[ad]

スマホ画面を見るにしても、極力自分がリラックスできるような、コンテンツだけを選ぶことも大事なポイントです。●寝る前の飲酒を控える。寝る前の晩酌が習慣になっている人もいるかと思います。お酒を飲んだ方が寝つきがいいと感じることも確かにありますが、研究によればアルコールがその後の眠りの質を低下させる原因になってしまいます。特に記憶や学習にとって大事な、レム睡眠を妨げるのでアルコール頻度を減らしたり、一杯だけにするなどを、習慣を見直した方が良さそうです。

[ad]

寝つきが悪い時にベッドにい続けることを、避けるストレス。体の調子が悪かったりで、なかなか寝つきが悪い日もあるものですよね?そういった時に皆さんはどうしていますか?体を休めるためにひとまず、そのままベッドや布団の中で止まっている方も多いのではないでしょうか?そうした時ほど寝られないこと、余計に寝れなくなった経験もあるかと思います?

[ad]

ニューヨーク大学の博士によれば、寝つきが悪い時はベッドから、離れて寝ようとしないことが大事だと言います。15分から30分ほど経っても寝れない時は、寝床を離れて、衣類をたたむなど、頭を使わずにできることをした方が良いそうです。体を温めることも大事なので、温かいドリンクを飲んだり半身浴をしたりしてみてもいいかもしれません?

[ad]

スヌード機能の目覚まし時計が、最初になり始めてから一定時間ごとに、何度も鳴らして二度寝を防止するスヌーズ機能2度目の気持ちよさについつい使ってしまう人も多いと思いますが、研究によれば二度寝の眠いは、とても浅く睡眠の質も低いため、このスヌーズ機能を使わずにアラームが鳴ったら、すぐにカーテンを開けできるだけ、軽い光に触れて起きることを推奨しています。最後に基本的なことですが睡眠の質を上げるためには、睡眠環境を整えるということも大事なことです。

[ad]

1 部屋を暗くする静かな場所を確保する
2 温度湿度を快適に保つといった
3 環境が整っているか?
よい睡眠の質に大きく左右するのでチェックが必要です。睡眠は毎日の気分、仕事のパフォーマンス。病気リスクや事業にまで、影響を与える大事な休息時間です。睡眠時間をしっかり確保するという点は、大事なポイントです。

[ad]

私も、日中眠くなってしまうことが多いので、睡眠時間をたっぷりとること。睡眠の質を上げることに、もう少し注意していきたいと考えています。同じように、睡眠時間が不十分かも?と感じている方は日々のライフスタイルを見直す機会になればと思います?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました