良質な睡眠習慣とアンチエイジ

アメリカで今話題の、睡眠をとるためにすべきことをご紹介します。

【8分で解説】スタンフォード式 最高の睡眠|超一流の眠り方

良い睡眠習慣を身につけるための参考にしてみてください。

睡眠を必須とされる生活の中で、
睡眠時間の短縮や、睡眠を取らない自慢は、
すごく問題と言えます。

生態的科学的からしてみても、
良い睡眠の欠如は、その後の健康や病気、
メンタルの面においても、いいことなどひとつもありません。
「ショートスリーパーだから」
と言い放つ人もいますが、ただ
週末に寝だめすれば問題ない、という報告もあります。

現実には、毎日の睡眠時間が、

2時間未満の睡眠病者は結構いるようです。このような人々は

眠れない状況下で薬を処方されているのが現実です。

毎日6時間の睡眠時間で過ごしているという
ほとんどの人は、睡眠不足状態だと意識しています。

特に昼間に眠気を感じる人は、睡眠不足の可能性が高いです。
重症な睡眠不足は将来的に、

心臓発作などの
心臓の病気や脳卒中寿命が短くなる可能性があります。

病気のリスクを抑えて、仕事のパフォーマンスを
高めるためにもおよそ、
8時間も睡眠をとることが推奨されています。

世界的に見ても、日本は睡眠時間が少ない国です。
忙しい毎日で、睡眠時間を削って
がんばっている人も多いと思います。

自分がないか模索しながら出来る限り

睡眠時間を確保していくことが大事だそうです。
朝起きてテレビを見て、ベットに入ってから、
寝る前までゲームやSNSなどを見続け、
リラックスする時間を惜しんで常に起きている状態
にしている人は多いと思います。

研究によれば、
こうしたスマホの画面が青色にするため
睡眠ホルモンである
メラトニンが生じる恐れがあると言います。
2時前のリラックスタイムには
雑誌を読んだ方がよいのではないでしょうか?

睡眠に悪影響及ぼす、
悪いニュースや
動画など
ストレスを見る人の睡眠の質を下げるためには避けましょう。

スマホ画面を見るにしても、
自分がリラックスできるような
コンテンツで選ぶことも大事なポイントです。

思想的な番組やネガティブ番組はその典型と言えます。

お酒を、飲んだ方がいいと感じることもありますが
研究によれば
新たな眠りの質を低下させる原因になってしまいます。

私たちにとって大事な
レム睡眠を妨げるので、
1 就寝前の寝酒、
2 間食、
3 炭水化物、
4 過激なゲーム、
5 ネット対戦
等の情報処理を過度に取り過ぎる習慣は
精神的な不安定さをもたらします。
それが毎日ですと、精神科にお世話になるかも知れません。
そのような、ダメにする習慣を見直した方が良さそうです。

ストレス性の胃が悪い時に、
ベッドにい続けることが更なる
ストレスを抱えていたり、体の調子が悪かったりです。

体を休めるために、
ひとまずそのままベッドの中で
グダグダしている方も多いのではないでしょうか?

これが習慣となってしまうと、
とうとうベットから抜けられないという状態になります。
これは初期の
ひきこもり になる兆候です。

これは、質の良い睡眠と健康とは違う問題になるので、
次の機会にやりたいと思います。

15分から3時間、ほどの短期睡眠で質の良い
体調管理と精神を得ることができます。

例えば、昼食を取った後は、満腹感で副交感神経が優位
になり、睡魔が発生します。その睡魔は
からだが必要とされる睡魔なので、コレを有効活用
しないほうがおかしい。からだの生理反応を拒絶せず、
素直に受け入れて、しばしプチ睡眠を取ることを
お勧めいたします。

睡眠時間をたっぷりとること、
睡眠の質を上げることも注意していきたいと考えています。

睡眠時間が不十分かも?
と感じていることが、日々のライフスタイルを見直す機会になればと思います。

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました