【胃腸セラピー】胃・腸からのアンチエイジを始めてみませんか?

健康

整腸からのアンチエイジ胃から消化吸収された残留物が蠕動運動により小腸に送られます。小腸には、十二指腸、空腸、回腸に分かれていて、その長さは何と6mもあり栄養の消化吸収が行なわれる場所です。

大腸は、盲腸、結腸、直腸に分かれ、小腸からの残りかすから最終的に水分を吸収し、排泄機能を保ちます。この腸の運動がないと、余分な排泄物は動かず、そこの残り腐敗します。腸の活動が弱ると腸壁に粘り気のある残留物が溜まり、小腸の管の幅を狭くします。

[ad]
これが便秘の原因になりますが、それは適正な水分がなかったり、運動不足だったり、全体的に複合的に考えられます。腸が動かない。これは冷え症とも関連があります。結局血液と同じで体の排泄を循環させて余分な物はからだの外に出す必要があります。からだの本来の目的は体温を保ち排泄することにありますので、自然治癒力とも言いますが、からだが持つ自然な力を無視、もしくは無効化するといわるゆる鈍化したからだ。

[ad]
肥満であったり、冷えがからだを襲うようになり、結果的に体温の異常という生理現象になります。からだは常にバランスを保ち、バランスを維持するように絶えず体温調整をしたり、吐き気、咳、くしゃみなどの減少で菌をからだから排出しています。これが無くなると、機能が退化している。いわゆる老化現象になっていきます。

[ad]
老化とは、感覚が鈍化していくこと。感覚が鈍り、無感覚化ですから、これをアンチエイジに当てはめますと、刺激のない生活刺激のない人生ともなります。

[ad]
食べることが好きな人が老化により、食欲が無くなるという話をよく聞きます。食に対して興味がなくなったとも言えるでしょう。そして体調もあります。それが今回問題とする、消化器における腸のアンチエイジなのです。食欲はグーとお腹が鳴ると、それが食べるサインとなり食欲が起きます。この機能が失われるといつ食べたのか?食べてないのか?という認知症のような状態になります。

[ad]
現代日本では、身の回りのあらゆるところに食材があります。毎日毎時間手を伸ばせば、そこには食材があります。だから普通の健康体であれば、毎時間何かを食べている状態になります。常に胃腸が運動している。常時スイッチがオンの状態で、休みなく消火作業をしていることになります。それでは、消化器が疲労するのも無理はありません。絶えず胃と腸は刺激されているわけです。

[ad]
それも濃い味を好む人であれば胃壁を壊し荒らすような調味料だったりします。アンチエイジとは、からだにとって自然な姿を目指したい。そういう願いも込めています。そこで腸美人になるためにいちばん大切なことは、“腸をしっかり働かせる”ということ。腸内環境を整えるポピュラーな食べ物のひとつにヨーグルトがありますが、いつも食べているのに思うような効果があらわれないという方も少なくありません。

[ad]
ヨーグルト同様、規則正しい、バランスのとれた食生活をしていても効果をあまり感じられないようでしたら、“腸セラピー”を取り入れてみてはいかがでしょうか?身体の中からキレイになるためには、まず毒素を身体の外へ排出して、リンパや血液のめぐりをよくすることが大切です。毒素とは、脂肪や余分な水分、有害なミネラルなどがありますが、有害なミネラルの約75%は便によって排出されるそうです。

[ad]
便秘になると、肌が荒れやすくなったり、むくんだり、太ってしまうというのは、毒素を溜め込んでしまっているからと言っても過言ではありません。そこで便秘にならないよう腸の動きを良くするには、食事や運動などに加えて、お腹をマッサージしたり、温めたりすることもポイントです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました