現代のベートーベン”として時の人となった佐村河内守の現在

社会

“現代のベートーベン”として時の人となった佐村河内守。彼が作曲したという『交響曲第1番《HIROSHIMA》』は当時、累計出荷枚数18万枚超えとクラシックでは異例のヒット。しかし、彼のプロフィールが真っ赤なウソだと明らかになった、’14年2月の“代作騒動”。

 

ああ時の人でしたねw忘れていました。どおしてるんですかね?この偽聴覚障碍者のオッサンは?

「私は、佐村河内さんの共犯者です」

と会見で語った作曲家の新垣隆氏。18年にわたり楽曲のゴーストライターを自分がしていたこと、佐村河内氏の耳が聞こえていないというのもウソだと暴露した。

ダウンタウンの笑ってはいけないに出てましたね。

ワンパンマンのサイタマみたいなキャラですねwww

 

「この影響で全国ツアーを予定していた大阪市の企画会社が、佐村河内氏に約6100万円の損害賠償を求めて提訴。大阪高裁は’17年に約4200万円の支払いを佐村河内氏に命じる判決を下しました」(全国紙記者)

ウソの代償は大きいですね。高裁で終わったんですね。バックが宗教がらみとか、怪しい団体であれば、最高裁まで争ったかもね?しかし子供だましのウソは裁判所じゃ通じませんよ。地方裁判所クラスwなら簡単に騙せるでしょうねw

 

19年2月にすでに売却佐村河内氏は現在、どうしているのだろうか? 以前に住んでいた横浜市にある分譲マンションを訪ねると、

「その人なら引っ越されていますよ。私はその後に入居したので、まったく知りません」

登記を確認すると’18年に差し押さえられ、翌年2月に売却されていた……。また、佐村河内氏は’16年10月に、日本音楽著作権協会(以下、JASRAC)に対し、楽曲使用料などの支払いを求めて提訴している。

雲隠れですね。海外かも?私が予想した和製ベートーベンの現在w

1 うらやま状況 海外に逃亡してウハウハ生活
2 最悪状況   都心部に隠れてアパート生活
3 うらやまだけど?状況 ファンの女の家に雲隠れ生活
4 超最悪状況  すでに死んでいる!?消された!?
5 地味状況   田舎に帰り、畑仕事をしている。
6 その他    知らんがなw。

もう一方の当事者である新垣氏は、暴露後にさまざまなバラエティー番組に出演し、騒動について語った。“ゲス不倫”の川谷絵音らとテレビ番組をきっかけに結成したバンドのメンバーとしても活動するなど、ゴーストライターから一躍、活動の幅を広げた。

才能のある人は、うらやましいですね。見かけで判断する無能なおばたんとか音楽よりも、ルックスを重視するおばたんとかおっさんとかwもう消えてくれと言いたい。新垣氏みたいな昭和ちっくな人物こそ真の大物なんですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました