【性欲&アンチエイジ】セ〇クスで性ホルモンを分泌する方法?

健康

性欲とアンチエイジ

人間が生きていくためには、性ホルモンは不可欠だということです。たとえ生殖機能が失われても、細胞の活性化には性ホルモンが一役も二役も買っているというのが最近の我々の認識です。

 

[ad]

女性の性欲

森鴎外があるとき母親に「女はいつまで性に関心があるのか?」聞いたそうです。よく息子が母親に聞けたとおもいますが、母親は黙って火箸で火鉢の灰をかき回したとされています。灰になるまで、つまり死ぬまでということのようです。

[ad]

見せる性欲・見られる性欲

誰かに恋をすると化粧やファッションにも変化が出て、きれいになれるもの。性ホルモンの分泌が促進されるという理由で、お肌の調子もよくなったり、月経痛や月経周期の乱れが気にならなくなったりすることもあるようです。また、好きな人と気持ちのいいセックスをすることはいい眠りを誘う安眠効果があり、ストレスや疲れからあなたを解放してくれます。

[ad]

恋愛ホルモン(ドーパミン)

私たちが恋愛をしているときやセックスをしたとき、体の中で「恋愛ホルモン」と呼ばれるドーパミンが分泌されます。このことが若返り、きれいになることと関係しています。ドーパミンは細胞の代謝に関わっていて、身体内に放出されると細胞の代謝が活性化して、肌のターンオーバーが正常化されます。それにより、ムクミの解消や、免疫力のアップにもつながります。医学的面から見ても、恋愛やセックスには美容効果が期待できるのです。

[ad]

アドレナリンとオキシトシンが分泌され、リラックス状態に・・・

相手を思う気持ちや愛情が深まると、アドレナリンやオキシトシンというリラックス効果のあるホルモンが分泌され、副交感神経が高まって、体も心もよりリラックスした状態になります。いい恋やセックスをして、愛するパートナーから褒められれば自尊心が高まって、自分に自信が芽生え、それがビジネスや人生の成功につながることも。

[ad]

アロママッサージ(皮膚から吸収されるアロマ効果)

アロママッサージは、香りと気持ちよさで嗅覚と触角を刺激して、セックスの前戯にもなります。アロマオイルでマッサージすることで、マッサージが苦手な人も上手に感じさせることができます。一緒にお風呂に入ってから、お風呂上りに2人でマッサージし合えればベストですね。

[ad]

セックスを楽しむ

結局、女性から受け入れらないセックスは味気のない興ざめた行為となります。お互いベストな体調と精神状態の維持は、なかなか困難です。結婚して目的が子作りであれば、やみくもにセックスする行為を目的を持って行為として、男の性欲を女性は受け入れるでしょう。しかし、その気がない男の欲望のままのセックスは女性は拒否反応したり、ただのエクササイズ的な運動になります。女性が体を許す目的が子づくりか?快楽か?でアンチエイジにおけるホルモン分泌がまったく違ったものになります。それは、女性側の潜在的な問題です。
ただ大勢に祝福された結婚式の初夜は、お互い緊張からの解放と、明るい未来への希望で満ち溢れています。

[ad]

最高のsexとは?

お互いがそういう絶頂のテンションでいる時のセックスは人生で一生忘れることのできない夜になるでしょう。
しかし、年数を重ね生活が忙しくなるとお互いがすれ違う時もあります。疲れて帰った男が家に帰るなり疲れ果てて家を寝るだけの目的となり、女はセックスをしたくても、欲求不満になります。反対に、性欲旺盛な男が嫌がる女を半分犯すようなセックスは、女の精神状態や体に異変が見られるようになります。

[ad]

それは愛がないからです。では初夜の夜のような情熱的なセックスは訪れないのか?ということです。あります。それはお互いを気遣い、愛し合うという単純なことです。恋愛当時のままそれを継続することが本来の男女の愛の姿なので、お互いが消える時まで老いても恋愛関係でいる。それが結果的にアンチエイジになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました