【半額弁当】とアンチエイジ うまい!安い!美味い!は危険 賞味期限切れ

健康

消費期限

消費期限(期限を過ぎたら食べない方が良いんです!)

酸化したスナックや半額弁当はアンチエイジになるんでしょうか?

これはあくまでも法的な根拠に基づいているわけで、品質や成分に変化があるか?とは調べたこともないし、また時間がたっているだけで品質は変化していないのです。スーパーの閉店前のお惣菜コーナーの美味しそうな弁当が半額になってアレモコレモと買い過ぎの傾向がありますが、これは危険です。

[ad]

買い過ぎによる、大食いと肥満、そして酸化した油の、コロッケやテンプラ、揚げ物系のおかずは最悪と言えます。元々が古い油を利用して揚げているので、元が悪いのです。古い油からは発がん性を促す成分もあるそうです。ですから、賞味期限をつけているのです。それが半額弁当の理由でもあります。そして必ず、お店で買った食品には、安全においしく食べられる期間があり、袋や容器に「消費期限」か「賞味期限」のどちらかが表示されています。

[ad]

違いを知って、健康を守る

その違いを知って、健康を守るとともに、買い物をした時や家の冷蔵庫の中にある食品の表示をよく見て、いつまで食べられるか確かめるようにすれば、食べ物をむだにすることもありません。しかし主婦でもない限り覚えている人など皆無と思われます。よくスーパーでメモ帳片手にキョロキョロしている女性を見かけますが、主婦たちはしっかり者なんだなあと思います。食品をむだにしないことは、地球の環境を守ることにもなります。キーワードは「もったいない」です!

[ad]

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のこと。お弁当、サンドイッチ、生めん、ケーキなど、いたみやすい食品に表示されています。
夏場は日数が短くなり、冬は長くなるのは当然ですが、これを厳密にやると大混乱するのでそこまではやりませんが、真空状態であればまず参加せずにある一定の期間は保存できます。

[ad]

●賞味期限とは、
味が変化せず、おいしく食べることができる期限です!袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。スナック菓子、カップめん、チーズ、かんづめ、ペットボトル飲料など、消費期限に比べ、いたみにくい食品に表示されています(作ってから3ヶ月以上もつものは「年月」で表示することもあります)。

[ad]

この期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。もし、賞味期限が過ぎた食品があったら、一口食べてムリそうなら全部捨てく覚悟が必要です。アンチエイジから言うと、スナック菓子はもちろん NGですが、さらに期限切れはさらにダメですが、ストレスを持つなら少し食べることも良しとすべきでしょう。あまりにも食を厳密に制限することはよくありません。

[ad]

食品は表示されている保存方法を守って保存しておくことが大切です。ただし、一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。商品の裏側にある保存方法に従って保存しましょう。ただし、消費期限も賞味期限も、袋や容器を開けないで、書かれた通りに保存していた場合の安全やおいしさを約束したものです。一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました