加齢臭とアンチエイジ

加齢臭は、50代半ば以降から本格的に発生します。人によって20だいから発生します。食習慣が原因。そして

男性も女性も臭くなる?加齢臭を綺麗サッパリ消す方法

皮脂成分が酸化されることで発生します。胸や背中などの体幹部を中心に発生し、焦げたのようなニオイが特徴です。

子供の肌はキレイだが、老人になると水分や潤い、保湿がなくなりシワになり、シミになり、たるんで、浅黒くなり、
とても触りたいとは思わない。

体内のホルモン分泌や体質や手入れから肌に反映されるわけで、
ほったらかしは質の悪い肌荒れとなり、かさつき、乾燥して
臭いを発することもある。

加齢臭もそうだが、これを消そうとして、イロイロな薬品や商品がありますが、キツイ香水でもムリな体臭もあるので、
結局は本人の根本的な問題と言えます。

加齢臭や腋臭のような悪臭は、自分では気づかないのが悲しい。
本人は自分の臭いだから、キライも好きもないのです。
まわりの人間だけ、臭い被害を受けるわけで、悪臭のおかげで気分が悪くなります。

根本的解決策はないのです。
体臭の酷い人がサウナに行きました。風呂の入り風呂を出ました。しかし体臭は消えません。消えるどころかさらにパワーをましている。つまり肌をキレイにしてボディーソープで洗ってもムリなのです。
入浴時には、背中の洗い残しがないように注意することがポイントです。

原因はハッキリしていないのが現実です。
体臭は内臓の悪化や異変からくるケースがあります。というかそれが第一ではないかと思われます。
体臭の臭い別
1 燃えカスのようにコゲ臭い
2 プラスチックを燃やしたような臭い
3 落ち葉を腐らせたような臭い
4 まさに溝の臭い
5 肉を腐敗させた 死臭のような臭い
6 金属のような臭い
7 破棄前の中古車の社内の臭い
8 生臭い臭い

体幹部分の皮脂が酸化する前、後の対処をこまめに!
「加齢臭」は皮脂成分が酸化されることで発生します。常在細菌の代謝によって発生するわけではないので、消臭成分の配合された防臭効果のあるボディシャンプーを使ったり、ボディペーパーで皮脂をこまめに拭き取ったりするとよいでしょう。

なかなか洗濯できない冬用の衣類などにはニオイが蓄積しやすいので、衣類用の消臭スプレーを使用するとよいでしょう。

その他10人いれば10人とも違う臭いがあります。
以前、電車内で出会った高齢者は、まさに死臭でした。自分はすぐに気づき車両を変えましたが、他の人は気にならなったようです。痩せ細り、生気のないからだの動きと表情は、不幸のインフルエンサーのようでした。ある意味死神。
しかし、思い返せば、この人は、
1 風呂に入っていない。
2 末期がん宣告されたがん患者
3 ガンではない、内科の病

印象で言うのは、失礼ですが、悪臭を発する人は隣近所に大勢いるのです。アンチエイジでは、正規の食事、正規の生活習慣、
食品添加物に頼らない食事。これらを実践することにより、または続けることにより、健康が維持されていくのだと考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました