ビタミンCとアンチエイジ

ビタミンについては、多岐にわたる生理作用とか、多岐にわたる生理作用として有効性があります。

あまり語られない【ビタミンCと筋トレの深い話】

さらにはどういった食材から取ったらいいのあるし、情報やレシピ等溢れています。そして、インターネットにもたくさんあるわけですね

結局どれを使ったらいいの?って言う情報過多でいっぱいです。最近流行っていますがこれについて書いていきます。

水溶性ビタミンの副作用というなく、本当に素晴らしい栄養と言えます。

基本的にビタミンは、水溶性であるということになるわけです。
水溶性ビタミンは体内では、水になるわけで、体のどこでも届くということで非常に長所ではあるのですが、一方短所としては組織に止まらない性質があります。

水溶性だけに、流れが速く、来るのも早いけどあの出て行くのも早いということです。いわゆる水溶性貯蔵しづらいということです。

この水溶性であるビタミンCをどうにか体内に貯蔵できないか?ということでは商品開発が進んでおります。実際は今それが販売されてる。

有名なその脂溶性ビタミン C の製品はこの3つです。
1 リポソーマルビタミンC
2 ビタミンC誘導体という商標登録された商品が有名です。
3 アスコルビルパルミテートパルミチン酸アスコルビルと言われているものがあります。


リポソームビタミンC
リポソーム?言うと、ナノカプセルに脂質を取り入れた脂質の体に入れたら浸透率が非常に高いということでは開発された商品です。

私たちの体は細胞です。

細胞の周りは細胞膜という構造で取り囲まれてる。この細胞膜は油なので油のものを入れたらその細胞膜を通りやすい。油は油に溶けやすい。
これによってリポソマルビタミンCが今、非常には一部有効であるという研究結果がありあます。

ビタミンC粉末を比較した試験がありあます。
結果リポソーマルビタミンCを摂取した人血中濃度が、非常に高い濃度維持しました。

白血球への浸透率吸収が非常に早かった。50%も高かったということが分かりました。ねこや犬の動物実験でビタミンCは実際に効果があることがわかりました。

水溶性ビタミンC誘導体です。
ビタミンCになるとつまりビタミンCを摂取した時に、そのまま最終的に血中細胞に乗って最後に届けばいいですが、その間に消化吸収する間に使われることがあります。体に届かないので意味がありません。
消化吸収されるまでに、このビタミンCを守るためのビタミンC 誘導体にしておきます。

アスコルビルパルミテートパルミチン酸アスコルビルというものですねこれは何かと言うと、簡単に言ったらパルミチン酸という飽和脂肪酸とアスコルビン酸が重なったエステル結合した形になったものです。

推奨するなら、リポソーマルビタミン C になります。
三つとも共通するメリットがあってそれは何かって言うとやはりコストが高いということになります。

飲むとなると予算がかなり高くつきます。
健康な状態の時は、普通のビタミンCを服用して、もし慢性疾患かかったら、その時はちょっとお金出してでも脂溶性ビタミンを利用する。
という考え方がよいかと思います。

普段私たちは健康の状態で慢性疾患に対して予防したいってことであれば普段は天然のビタミン C を摂取する。
しかしが何か病気にかかったり慢性疾患にかかったりしてしまったら、リポソマルビタミン C を利用するというのがベストな選択と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました