アメリカで台頭する Qアノンという都市伝説的 組織とは?

社会

トランプの世界

世界統一政府を目指す裏社会のやりたい放題
止めるべく、出てきたのがトランプです。

トランプのバックは不明ですが、奴らに対抗
できる組織があることは間違いない。
その団体がQアノンと言われる組織です。

このQアノンとは、今世界中で知れ渡り支持
されています。

代表は飛行機事故でなくなったケネディ
と言われています。

ケネディと言えば、紙幣発行権をアメリカ国
に戻そうとして奴らに暗殺されました。

ドルはアメリカ人の物ではない?

今のドル紙幣は奴らの私幣なのです。
アメリカは自国紙幣ではないので、奴らの紙幣
を依存しているだけなのです。

これはアメリカ国民の紙幣ではない。
日本も同じからくりが行われています。

暗殺からケネディ家は奴らの目の敵です。
しかしアメリカ人はケネディ家は名門であり、
愛されているので、奴らはちょっかいはできない。

トランプとケネディは絶大な信頼関係がある
と言われています。

それは親戚関係にあります。
事故死を装い、トランプの裏側で暗躍しているの
がケネディです。

Qアノンとは?

彼は名前を変え姿を変え、神出鬼没に現れます。
世界を変える組織、それがQアノンです。

彼らにシンパシーを感じる愛国者や無欲で
働く軍人がいます。

それはケネディ家への忠誠と尊敬あるからです。
アメリカ人の開拓精神を揺るがすパイオニア
アメリカンドリームをケネディ家に感じている
からです。

カネで雇われた連中はしょせんカネでしか
動きません。
仕事として割り切ります。
しかし彼らは違う。
この異常な世界を変えなければと考える人々
だからです。

スーパースーターはなぜ不審死

そしてここで、問題です。
スーパースーターはなぜ不審死が多くそして
誰が首謀者なのか?

セレブと付き合い、内情を知ったスターは
その残酷な冷酷なセレモニーを知ることに
なるでしょう。

それが児童が誘拐され、苦しみの果てに
処刑される場面を見せられるでしょう。

最近、トムハンクスの息子が
「脳下垂体を食べる」とか言っていましたが、
それがこれなのです。

脳下垂体は恐怖を感じると、ドーパミンを過剰
に分泌するらしい。

これがアンチエイジの成分として有効
だという研究結果があります。

児童に最大な恐怖を体験させ、
生きたまま脳から脳下垂体を切除する。

これをセレブはワイン片手に解体ショーの
ごとく見て楽しんでいるのです。

普通の神経なら卒倒するでしょう。
彼らはふつうではないのです。
異常者なのです。

これはジョンレノンも言っていました。
「この世界は狂人によって支配されている」

彼は真実を言ったがために彼らの
ターゲットになりました。
最近のスターの死は、奴らと関わった連中
のリストアップと始末。奴らと親交がいまだ
に狂気沙汰をしているセレブに対しての
報復であり、復讐であり、淘汰なのです。

小児性愛という異常者をあぶりだし、
消していくのがQアノンの仕事なのです。

粛清の未来

これは世界的な動きで、日本もターゲットに
挙げられているので、スターは消されていくでしょう。

政界、芸能界、上級国民はこの際消えて
もらいましょう。これがQアノンの冷酷
なこの世から消すやり方です。

残念ですが、マイケルもホイットニー
もプリンスもそのQアノンの対象になった
のではないかと?憶測します。

マドンナの最近の行動がおかしいのはなぜか?
スペインのコンサートをドタキャンしたり
落ち着きがありません。

これらは、暗殺の恐怖におびえている
からでしょう。
マドンナのアンチエイジに幼児の脳下垂体
が使われていなければよいのですが・・・

自分の若返り目的で人を殺して、それも児童を
殺してよいなど絶対にないのです。
彼らは正義のジャッジを受けるべきです。
仏教の因果応報です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました