整理整頓(部屋ダイエット)して?気づいたこと・・・

整理整頓片付けのやる気を出すための四つのステップと題してお送りします。

片付けが苦手・片付けられない理由とは?【片付け超超基礎】

プライベートが忙しくなるとついついおろそかになる片付け・・・・
お客さんが来るわけじゃないし,油断しているとそれなりに散らばってしまい益々やる気を失ってしまいます。

そんな時にやる気を出すためのこちらの四つのステップをご紹介します。

お部屋の整理整頓は時間やお金の節約にもなればストレスの解消にもつながります。

では早速始めましょう
お部屋のダイエット、断捨離する気をつけなきゃと思いつつ時ほど今の状況に対してストレスを感じている。そうしたストレス状況では人はやる気が続きにくいです。
はじめたとしてもイロイロ判断力が鈍ってスムーズに進みません。
人ってそんなものです。

途中で片付けようとしていた漫画を読み始めたり、 DVD を見たり身に覚えがあるかと思いますよね?

お部屋を整理する前にまずは頭の中を整理する必要があります
理由は片付けには実は様々な判断しなくてはいけないからです。

どうかどうやって捨てるのか?
残すものはどこにどうやって収納するのか?

判断が片付け中にたくさん発生するので、想像している以上に頭の中でストレスとなり混乱します。

まずは、リラックスすることが先決です。
紅茶を飲みながら、お部屋でくつろぐも良しコーヒーを飲みながら食べて過ごすのもよし。
自分にとって心地よい空間に身をおきましょう

その上で次の2から4のステップについてじっくり考えるのが大事です。

自分にとっても心地よい空間を創造する。
自分にとって心地よい空間には、理想の暮らしを想像する。

空間づくりが必要なのか?
できるだけ明るい気持ち家で、楽しくイメージしていきましょう

人それぞれ思い描く空間は違います。
1読書が好きだから、書籍空間をもっと充実させたい。
3キッチンをもっと料理しやすくしたい。
4健康のために自宅でヨガを始めるスペースを確保したい
5くつろいで大好きな映画を見る場所を作りたい

想像するメリットの一つは、片付けの収納や方向性がよりはっきりする。スペースを確保するために、このケーブルを処分しなくちゃだめだなと判断が明確になります。

また、人それぞれに理想とする暮らしや、優先順位が違うので自分にとって大切な時間は何か?どうかいたいのか?それを考えていきましょう。

こうした想像にするもう一つのメリットは、モチベーションが上がるからです。あと片付け方法を考えるのではなく、
片付いた部屋でどう過ごすかを考えるのが楽しいです。
しかも、やる気も上がります。前向きに片づけ掃除をすることは、ヤル気にもなります。

まずはワクワクした気持ちで想像することが大事です。

Google で部屋の好みなど、理想 部屋とキーワードの画像検索するのも自分好みの空間探しとしておすすめです。

一度に完璧を、目指さない。
片付けには実はイロイロと他の判断が必要になります。

この服は?どこに置くのがいいのか?
などなど考えることは意外に多いものです。

いきなり全てを行おうとすると、掃除が果てしなく遠くに感じてしまい、結局考えることが、億劫になり始められなくなってしまいます。
ですから、小分けに考えていくのが理想です。

1本や書類だけやるその次は衣類だけ
2その次はキッチンアイテム
3その次は文房具類など
4家具等の配置
必要の優先順位決めて優先度に応じて、気が向いた時に少しずつやればいいと、考えると気持ちが焦らずに始められます。
一度に完璧を目指さず、
まずは自分にとって大事なカテゴリーや場所を決めて、
始めるというのがおすすめです。

お客さんが来るとか友人知人にアドバイスしてもらうのも一つの手段です。整理整頓の片付けは実行せざるを得ない環境を作ってしまうのも方法です。

友人や恋人など人を家に呼ぶ計画を立てるということもおすすめです。やらざるを得ない状況にするのです。
来る日を何月何日に日程を決めてしまえば、その日までになんとかしなければいけないという気持ちになりやらざるを得ません。
誰が突然来てもおかしくないという環境にすること大切です。

リモートワーク(在宅)では、部屋環境を多くの他人に見られてしまいます。そういう意味で整理整頓は毎日の習慣になれば苦になりません。

整理整頓片付けのやる気を出すためのアドバイスでした。
結局、家の中を整理することは、自分自身を整理するという意味でもあります。余分な脂肪を捨てて部屋ダイエットをするということにつながります。

そして、部屋=自分自身

ですので、部屋をグルリと見まわし、
見直すことで自分自身が大切にしていること、大事なものを改めて発見したり確認する機会にもなります。

現在、家過ごすことが多い時期だからこそ、自分らしい家部屋づくりをはじめてみてはいかがでしょうか?

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました