【虎ノ門ニュース】アメリカ人ケントさんと元中国人石平さんの日のバトル!?2

CIA、FBI、も裏工作して不正選挙を見逃していたでしょう?その証拠を司法に突き付けると、司法までもがスルーした。ケントさんは都市伝説といってはぐらかしますが、「じゃあケントさん、いままでのコメントでCNNやその他のアメリカのメディアは、デタラメのウソ情報を「フェイクニュース」と言ってきましたが、そのウソの根拠を教えてください」なぜ今になってマスコミの流す情報が真実だとか言うのですか?昔のケントさんはそのマスコミに対し、怒り、反発していましたね?なぜここにきて真逆のことを言っているのですか?なぜ「今回の大統領選挙の不正選挙はフェイクニュースと断言しないのですか?」

ドミニオン社の不正選挙にしても、山ほど不正の材料があるのに、ケントさんは「事実ではない」と言う。あきれ返ります。中国人よりケントさんのほうが恐ろしいコミンテルンですよ。石平さんの日本への想いは、本当に日本人として力づよい。ただ日本国内の媚中政治屋、経団連、産業界、に根付いていいる。最後には、緊迫するアメリカと中国の状況に日本はどう対処するつもりなのか?という結論だった。お互いの言論を譲らない姿勢はよかった。あのいつも大声の石平さんが「まあまあ」と肩を叩き、ケントさんを落ち着かせ、和やかに持っていったのはよかった。最後にはテーブルの下で握手をしましたが、これは計算してカメラに見えるかたちでパフォーマンスしたほうがよかったですね。

これこそ日本の心、和の精神なのです。石平さんは中国人でありながら、本当に日本の心を持った人と言える。この美しい日本を、中国のような汚い国共産国にしてはならないと切実なのです。一方ケントさんは、ビジネスマンですから、心とか金にならないことなど興味がないし、日本がどうなろうとお構いなし。それが透けて見えます。そういう狡猾なアメリカ人と我々日本人が尊敬する古き良き中国人を垣間見ました。

石平さんをメインに中国特集をやるべきだ。DHCさんもケントさんに忖度することなく、番組をつくるべきだ。本日の一平さんは、いつにもましてかわいそうに、小さくなっていた。ここでDHCさんへの要望ですが、視聴者として、論説は同じような思考の人の方が良いと思う。喧々諤々のシーンは朝っぱらから見たくない。だから、たまに上念さんも論客として出演すればいいのではないか?と思う。いままでの論客でもよい。青山さんも出演すればいい。企業倫理として「辞めた者は追わず」は理解できないでもないが、それではその辺の企業となんら変わりないだろ?

生意気に変貌したカズヤさんは、知識不足で、「あの人はこういってました」と受け入れでしかないので、高校生レベルの論説を聞く苦痛があったので、ここではいらない。アメリカ大統領選挙で、がんばって奮闘している我那覇さんは立派だ。ここで踏ん張ってレポートしてほしい。そして立派な言論人として活躍してほしい。帰国したら我那覇さんに大いに語ってもらいたい。余談だが、日本人はとかく中国人というと煙たがります。また世界があります。

見た目のかっこ悪く、背が低く、猿顔で英語もできない東アジア人は特に目立ちます。世界では、侮蔑用語「チーノ、チナ」と子供から老人まで吐き捨てられます。この現実を知らない日本人が多い。我々日本人も海外に行けば中国人に見られます。下記のサムネを見てください、明らかに標準的美の基準がケントさんにあります。だか見た目で劣等感を持つアジア系がいるのです。この日の石平さんはある意味「日本人代表」でした。日の丸をバックにアメリカと戦う特攻隊でした。

そう見えたのは、私以外にも大勢いると思います。この番組は海外在住の日本人が多く見ていると言います。なぜ見るのか?それは、本当の情報を知りたいからです。さらにニュース女子では、上念さんが降板後、強面の須田純一郎さんがメインになりました。この番組はあまり興味なのでサッと視聴しましたが、普通に違和感を感じました。須田さんはコメンテーターとしては優秀ですが・・・上念さんの歯切れよさとビジュアルは残しておくべきだったのではないか?と残念に思います。上念さんのDHCへの功績を水の泡にするのは、強引過ぎると思います。自社販売の水、ビールの宣伝も自らしていたし、少し不憫に思います。敵は日本人ではないのです。言動が荒くても、日本魂を持っていればいいのです。根底にそれがない論説者はいらないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました