【母親殺害事件】医者になるよう強く要望した母親を殺害

社会

医者になるよう強く要望した母親を殺害し、遺体を損壊、遺棄した長女の裁判があった。9年間の浪人生活を送り、母の異常な干渉で追い詰められていた被告を、判決は「同情の余地がある」と判断した。教育を理由に、親が子どもに無理難題を強いる「教育虐待」が社会問題になっている。教育虐待がエスカレートし、行き着いた悲劇的な結末。親子の間に一体何が起きていたのか。公判では長年にわたる異常な生活状況が浮かび上がった。(共同通信=斉藤彩)

 

昔で言えば、教育ママというとこだろうか?異常なほど他人と競争心が強く、常に他人の目を気にしているような人って特に女性は多い。子に才能がないと思いたくないのだ。「絶対にこうならなければならない」という完ぺき主義者は異常者ともいえる。子は被害者だよな。裁判長は人間味のある人でよかった。

 

▽勉強強いられ束縛の日々

2018年4月、桐生しのぶさん=当時(58)=の切断された遺体が滋賀県内の河川敷などで見つかった。県警は同年6月、大学病院で看護師として働き始めていた31歳の長女のぞみ被告を死体遺棄、損壊容疑で逮捕、9月には殺人容疑で再逮捕した。今年2月に確定した大阪高裁の控訴審判決によると、のぞみ被告は滋賀県守山市内の当時の自宅で、しのぶさんの首を包丁で刺して殺害し、3月10日までの間に遺体をのこぎりなどで切断し捨てた。

 

看護婦さんかそれでいいじゃんw医者の壁って相当高い。進学校やクラスでもトップクラスじゃないと医者はムリだよ。努力とかそういう問題ではなく、学習する才能だよ。大工は大工の才能だし、農業は農業の才能だし、そういう個性のある才能を見つけなければ親として失格なんだよ。子は親の奴隷ではない。

 

 

家宅捜索が行われた桐生被告の自宅=2018年6月6日、滋賀県守山市
裁判資料と被告への取材によると、のぞみ被告(34)は一人娘だった。昼夜を問わずメンテナンス関係の仕事をしていた会社員の父は、小学校高学年の頃に社員寮に別居。それ以来、のぞみ被告は母と2人暮らしだった。母はのぞみ被告が幼い頃から、通信教材を買い与え、将来は医師になることを切望した。被告自身も、手塚治虫の漫画「ブラックジャック」に憧れ、外科医の夢を抱いた。しかし中高では成績が伸び悩み、大学受験を控えた高3の頃までに、自身の希望は薄れていた。

 

通信教育というところでもう見込み薄なんだよ。それになぜ気づかないんだ?気づいても認めたくないんだろうな。こういう人いるよ。ママ友のカースト制度とかいうくだらない差別をつくり、他人を小ばかにしてみたり、陰でコソコソしたり、村八分したり、しまいにはいじめたりと枚挙にいとまがない。一番醜いのは自分だという事に気が付かないのがこの病気の本質。

 

それでも母は願望を曲げず、自宅から通学圏内の国公立大の医学部医学科に進学するよう要求した。のぞみ被告は2005年、現役で国立大の医学部保健学科を受験し、不合格だった。だが母は、親族に対して「合格した」とうそをつき、のぞみ被告にも従うよう求めた。

のぞみ被告は母の束縛から逃れるために就職を考えたものの、当時未成年だったこともあり、母の同意を得られず実現しなかった。束縛はエスカレートした。母は自由な時間を与えないようにと、一緒に入浴するよう求めた。携帯電話は取り上げられていた。被告は3回にわたり家出をしたが、母が手配した探偵や捜索願を受けた警察に見つかり、家に連れ戻された。

※続きはリンク先で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210315-00000002-yonnana-soci

 

バリヒルトン
バリヒルトン

結論・・・無罪・・・まあ親をバラしたのは、損壊で悪いけど、こんなストーカー親は処分するか、逃げるしかないでしょうね。一方親の年金目当てで寄生する人がいるけど、親子が長年い続けると異常な環境になる。もちつもたれつを越して、異常な親子関係になる。この異常さに気づいたとき、強行に走るのだ。以前元官僚の高齢父親が寝ていた子を始末した事件があった。子はオタクの集まる所によく父親をコキ使っていたそうだ。情けない限りだったろうな。自分が官僚としてバリバリやってきたのに、愛すべき子が引きこもりのオタクになっていた現状は苦痛でしかない。他人は知る余地はないが、家庭という閉鎖空間は異常と正常が正反対だったりする。じゃあどうすればいいの?どうすることもできない・・・

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました