【易占い】バイデン大統領?の今後を占って見た結果!?

占い

雷澤帰妹
バイデン大統領?の今後を易占いをしてみた結果 雷澤帰妹と言う罫が出た。
この罫は、易の中でも女難の相として、代表的な罫の一つです。女性による特に年下の若い女性の関わり方、女性主導、女性による姦計と、女性を巡るトラブルと言う罫です。バイデン大統領の副大統領には、何を考えているのか?わからない。身元不明のカラマハリスという黒人?女性がおります。

この女性の経歴はなかなかなもので、出世欲、権力欲が強く、都合のいいように男性を利用して現在の地位に上り詰めた経歴があります。彼女にとってバイデン氏も踏み台の一人なのかも知れません。しかしバイデン氏はこれを疑いもなく重要なポストにしているので、どっちもどっちと言えます。表のマスコミの報道では、バイデン氏の息子の問題のパソコン流出、娘からの幼少期からのセクハラ行為の暴露、これらは一切報道されていない。バイデン氏は昔から、これらの裏の情報から、かなり常識を逸脱した人物だったと言えます。

現在一番問題になっているのは、人身売買です。未成年者をエプスタイン島に誘拐して、上客に性接待をさせた、したという疑惑です。これには、クリントン、オバマ、ブッシュも関係しているでしょう。アメリカ人は、これを都市伝説と見ていません。トムハンクス、レディガガの有名人たちもバイデンとその仲間たちと言えます。とにかくドロドロしているのです。易では、平和だった家庭に、若くて魅力的な女性が入り込み、主人をたぶらかすという罫です。

主人は、古女房に飽きてしまい、若い女性と関係を結び、家族を捨てて逃避行する。やがて若い女に見捨てられてしまう。戻るにも戻れない現実。二度と信頼を得られない現実。正常な健全な精神の持ち主なら、病気になるか、自滅します。こういう結果になるのは、目に見えていたはず。目の前の歓びに、まんまと嵌められてしまった。一般ではこれは地獄となりますが、この悲惨な状況でも全く意に介さないと言う特殊な人種もいるのです。

非常識と一般論では言われていても、当人にとっては、それが日常だからです。バイデン氏は後者ですが、本質的に異常と思われていても、まったく動じないという鈍感で異常な人物。最初から人格が破城した人。バイデン大統領?就任?以来、次々と法案を矢継ぎ早に提出していますが、この実務をやっているのは、バイデン氏本人ではなく、周りの連中、つまりカラマハリスが強力に押していると思われます。一人ではなにもできない人物です。その強い後ろ盾が絶大です。これに甘んじているだけです。

震為雷

結論は、バイデン大統領?は、自分の意志ではなく、バイデン大統領という主人をたぶらかして、家の実権を奪い、判断力を失くす。自分たちの思うがままにバイデン大統領をコントロールしている状態です。さらに二交変という事で、震為雷となります。最初は雷鳴轟き、いわゆ鳴る物入りで登場しました。喧々諤々にトランプ大統領との応酬戦で選挙を戦いました。それが不正であろうとなかろうと押し通しました。これにより大半の国民の同意ナシで大統領に就任?しました。

その激しい時期を乗り越え選挙結果が終息しました。そして現在の表には見えない状況が継続しています。事はいったん終息しましたが、雷で荒らされた野山を整えるには、時間がかかります。もとに戻すには、多数の人力が必要です。この人力とは、国民の支持、国民の同意ですから、国民からの同意や賛同が得られなければ、野山は荒廃した状態になります。ということは、荒廃したままを許さない国民が自立して立ち上がるでしょう。これが予測です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました