【人身売買】の現在と過去、現在もある奴隷牧場!?日本は安全?フィクション?

社会

人身売買の現在について・・・見えない犯罪
誘拐の高額対象者 価格の高い順から、1幼児 2若年者女性 3若年者男性 4富裕層の男女 考えられるのは、取引先でいくらで売れるかです。白人の幼児は特に高額です。目鼻立ちのよい白人幼児が人気商品です。次にスパニッシュ、黒人、アジア人と人種のランキングが落ちていきます。しかし、競売形式なので人身売買オークションのバイヤーが気に入れば、アジア人でも高額に取引されます。当たり前ですが、全裸で頭の先から足の裏まで、もちろん性器までをスポットライトに照らされて、目利きされます。それをモニターで見て商品を選びます。

これが普通に、とある場所?でオークションされています。もちろん現在でも行われています。むしろ盛んかもしれません。人身売買の人間は商品。大人のおもちゃなのです。売れ残った商品は、値引きされていきます。その結果劣悪なバイヤーに買われるか、大人買いするバイヤーの店で、一生性奴隷としてお客に買われます。監視がいるので、逃げられません。逃げられたらラッキーですが、警察もグルですので、警察からお店に戻されます。逃げた奴隷は、逃げられないように、手足を切断されます。お客の中には、特殊な性癖を持つ、異常者もいますので、そういうカタワの女性を好む変態もいますので、需要はあるのです。それがダルマ女という伝説の話です。

そして、せっかく競り合って買っても、気に入らなければ捨てられるか、処分されます。おもちゃには、性格や気質があるので、おもちゃが生きながらえるには、一生懸命ご主人様に気に入られるように、お行儀よく、そして夜のお供にならなければいけません。それが自分を買ってくれたご主人さまへの感謝と言うものです。ご主人さまの気分を害したり、言い訳をしてはなりません。それが命取りになるからです。おもちゃに口答え、反抗など許されるはずもなく、ただただ滅私奉公しかないのです。死ぬまで奉公できればラッキーです。

おもちゃも古くなると使いみちがなくなるので、運がよければ飯炊き女になれます。これは本当にラッキーなケースです。ほとんどの場合、用なしとなった奴隷は秘密裏に消えていきます。口封じもありますが、奴隷牧場がバレたらバッシングを受けるからです。人身売買の犯罪は、どの犯罪より極悪非道です。そのくらいの世界共通の認識くらいは、人間性の欠片くらいはありますが、実際の富裕層という連中は、金の使いようがないので、どうしても犯罪スレスレのことをするのです。それが日常化しています。

富裕層にとって他人、他宗教、有色人種、など犬猫の扱いですから、それが残虐行為だとか、尊厳とかまったくないのです。サウジアラビアの宮殿で起きた事件があります。宮殿内で敵対するジャーナリストが惨殺されました。目撃者は多くいますが、誰一人この件で証言した人はいません。遺体を処理するのに、化学薬品で溶かしたとかという情報もありました。この国は国王が独裁ですから、国王の一言でどうにでもなる国です。ウィグル人の臓器売買問題もありますが、アラブの富裕層とは、いまだにイスラム教の教義を自分勝手に解釈しています。他宗教を認めず、キリスト、仏教への弾圧と破壊行為を辞めようとしません。むしろ積極的に歴史的遺物を破壊します。それがイスラム教です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました