【人身売買】の現在と過去、現在もある奴隷牧場!?日本は安全?フィクション?2

社会

日本でも南蛮貿易がありました。歴史上、日本産の絹織物と交換取引とありますが、本当の貿易商品は、日本人の子供、女たちでした。そんな事実を教科書に載せるわけがありません。貧困にあえぐ地方の百姓は、特に兄弟の多い家では、子供を買いに来た人身売買の商人に自分の子供を売ったのです。子供は親を助けるために、家族の犠牲となり売られていきました。それが本当の現実です。売られた子供は南蛮船、ポルトガル、スペインで奴隷として奉公したのです。仕事内容は、「ルーツ」という昔のテレビ番組がありましたが、同じような過酷な状況だったと想像します。そして売られた奴隷日本人たちは、異国の地で名もないまま亡くなったのです。日本人が奴隷売買された歴史の現実を知らなければなりません。いままで日本が独立して世界にその存在を証明できたのは、先人の努力のおかげなのです。その後の彼らの痕跡はないのですが、あるスペインの村に日本名を名乗る村があると言います。

その村の祖先は売られた日本人でしょう。裏歴史ですが、人身売買のような絶対禁忌は、表には出ません。最近では、ネットでは有名なプチエンジェル事件がありました。この事件の闇は、政界、経済界、芸能界、の重鎮がお得意様でした。だからこの事件を追及していた記者が不審死を遂げました。そして顧客リストも当時警察に押収されましたが、非公開となりました。大物たちがその名を連ねていたと言います。この事件は上の圧力により、証拠を潰されもみ消されました。日本で未成年者の犯罪はありふれて?いますが、これがキリスト、イスラム圏であれば死を意味します。日本のような甘い罪ではないのです。漫画でも未成年者を性の欲望の対象とするまんがが数多くあります。

未成年犯罪を誘発しています。個人的にはこうした表現は真っ向から反対します。幼児の人身売買は分析してみると、富裕層が多く、地位のある人物や、有名人が幼児趣味に走る人が多い。なぜ幼児に性愛を感じるのか?そして欲望の対象にするのか?理解できない。それが一般人だと思います。一般人にしてみれば、人の子など興味ないし、あえて接近しようとも思わないのが普通です。だが他人の子ならなにをしても情などないわけですから、なにをしてもいいことになります。しかし子供を性の対象と見るほうが異常だ。まあ性癖は人それぞれだが許されない行為。特権階級の富裕層は、法律を冒しても問われないという人類共通の人種です。

世界の常識。富裕層に常識や法律を理解できるはずがない。だから、慶●大学のサークルでレ●プ事件が多発しても、未成年者が大勢に強姦されても、さほど話題にもなりません。それは、親が富裕層で親の寄付金で子供が入学できているからで、この子息は学校にとっては良いお得意様、上客なのです。だから、学校もマスコミももみ消すように動くのです。実際、被害女性に多額の賠償と将来の保証を担保にして和解したと聞きます。それはお互いの損得で示談されたようです。加害者と被害者の裏取引で真実は表には出ません。

これが民間人だと、逮捕されて、罰金を払わされ、禁固刑となり、懲役となり刑務所で刑を受けることになります。しかし富裕層は、金で保釈金を払う金があるので、お金を払って終了します。そして親の企業や関連企業のいきなり役員になり、将来取締役から、社長になるのです。彼らは将来を約束された社長なのです。だから誰も逆らうことはできません。日本においては、震災の際に多くの子供たちが誘拐されていると言います。

親と離れ離れになった子供が被災地にいると、ボランティアと称する誘拐犯が、やさしい言葉をかけて車に押し込め連れ去る。というマスコミには出ない事件が多発しました。子供の身元はわからないので、誘拐犯は、ATMの金庫を見つけるのと同時に子供も探していました。犯罪者にとって金になるリストがあるので、そこに子供と書いてあれば、当然持ち帰るのです。例のキャンプ場で行方不明になった女児も外国人による犯行、人身売買ルートを想定する必要があります。犯罪者はあらゆる場所に存在します。そしてターゲットを見つけると行動します。日本は安全ではないのです。これを最初に理解してください。過激なことを書きましたが、事実ですから!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました