【ジモティ】の求人シリーズ G駆除の仕事をやってみた結果・・・1

労働

最近では、めっきり目立つ求人が減ったように思う。少し前には、ド派手なウソ給料屋、ウソ仕事、出張エロマッサージ、ボランティアと称するアルバイト、治験アルバイト、害虫アルバイト、セールス、勧誘のアルバイト、犬猫保護と言う名目の募金集めの求人とか怪しい求人が多くあった。しかしこれらのヤバイ求人は、ジモティ側から募集規定に合わないと言う理由で削除され始めた。その結果残った求人は、ありふれた求人となり、少し魅力を失った感がある。

そこで印象に残ったアルバイトの実例をご紹介します。ジモティの求人で害虫駆除アルバイト募集を見つけた。高額な日当なので、即連絡欄で応募した。すぐに返事が来て何月何日の説明会に参加できますか?という内容だった。「行きます」という返事をして、当日上野の事務所に行った。上野駅から5分の場所にあるビルの中だった。時間前だったので、この会社(クラピタル)後で知った。エレベータ前の椅子で待っていた。すると後から同じような疲れたオッサンが来て、座った。予定時間になり数名の男たちが集まった。皆、害虫駆除(ゴキブリ駆)なのだ。担当者が来て、挨拶をすると、仕事内容を説明し始めた。「都内では、ゴキブリのクレームが多く、需要があります」

特に一人暮らしの女性とか、若い人に多いですね、そこでちゃちゃと賞味30分から1時間の間にゴキブリ駆除をするお仕事です」ゴキブリの習性は、外からくるケースがほとんどで、主に外の室外機から入り、部屋に侵入してくるという。「はあそうなんだ?」と話に聞き入る男たち。「1件1万円以上請求できますので、薬剤を使ったり、駆除料金をお客様に直接いただいてください」と言う。「ゴキブリ駆除を1日2,3件すれば、3万円くらいは軽く稼げます」と言う。皆笑顔になった。

更に、最近ではムクドリの被害が増えているので、ムクドリ駆除の仕事も数多く依頼があると言う。だからムクドリとゴキブリの両方をやれば、30万円は簡単に稼げると言う。半信半疑ではあるが、微妙な感じではある。この時点で皆稼げるかも知れない?という自分と同じような明るい心境だったに違いない。説明が終わり、「ここまでのご説明で自分には合わないと思いの方は、退出されても結構です」と言う。

そして休憩に入り、会議室に戻った。誰も帰った人はいなかった。二人目の担当者が来て具体的に、金額の入った用紙を配った。薬剤の料金や、危険手当や、縁の下に潜る時の料金や、薬剤の種類でも料金があり、細かく指定されていた。「これらを合計させてなるべくお客様に3万円以上になるように要領よくやってください」と言う。本当に1回の駆除料金でこのパンフを見て納得するだろうか?と疑問に思いながらも、担当者に言われるがままに話は進んでいく。

そして契約書を全員に配り、サインをさせた。この頃になると件数が処理すれば、大きく稼げるという空気になっていた。だからここでサインしない人はいない。「皆さん今からお仕事できる人はいますか?」と突然担当者が言う。「場所は千歳烏山ですが」皆今日の今日はという感じで誰も手を上げる人はいない。私はそっち方面に帰るので「私が行きます」と名乗りをあげた。担当者は詳しく住所を教え、駆除剤を渡した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました